ホームの中の観光案内>の中の壱岐の観光スポット(史跡)

観光案内

壱岐の観光案内

  • 観光スポット
  • グルメ
  • リンク

観光スポット

  • 海
  • 史跡
  • 自然

はらほげ地蔵

赤い胸掛けをした6体の石地蔵は、海女で有名な八幡浦の海中に祀られており、満潮時は胸まで浸かります。自然石の頭部で、腹が丸くえぐられているので「はらほげ地蔵」と呼ばれています。この由来は、遭難した海女の冥福のため、鯨の供養慰霊のためなどと伝えられています。

男岳神社の石猿群

深く険しい男岳山(標高156m)の神様に願いをかけ奉納された230余体の石猿。男岳神社の境内に並ぶ石猿群は、いろんな表情を浮かべており、家運繁栄祈願。

祭神の猿田彦命から願成就に石猿を奉納する習慣があり、この神様は枯れ枝一本とっても怒りに触れるとか。怒りが激しいだけに御利益があると全島から参拝者が訪れます。また、展望台からの眺望も素晴らしいので是非立ち寄ってみては。

原の辻遺跡

「魏志倭人伝」に登場する「一支国(いきこく)」の王都跡。古代史を書き換えるような発見が相次いでいます。

壱岐市立 一支国博物館

国の特別史跡である原の辻遺跡を展示の一部に取り入れたサイトミュージアム。展示物を観るだけでなく様々なスタイルで体感できる、感動と発見のある展示が特徴です。

■ 入館料・大人400円、高校生300円、小中学生200円(団体割引あり)
(休館日/GW及び夏休み期間を除く毎週月曜日と12月29日~31日)
※月曜日が祝日の場合は翌日休館

黒崎砲台跡

猿岩の展望所から徒歩1分。黒崎砲台は、昭和3年から6年かけて完成。口径41cmのカノン砲二門の砲台で砲身の長さ18.83m、弾丸の重さ1トン、最大射程距離約35kmで、破壊力と射程距離は東洋一を誇っていましたが、一発も実弾を発射することはありませんでした。猿岩展望所の売店裏の山道を少し登ると、砲台の巨大な穴を地上からも見ることができます。

▲ ページのトップに戻る